その他

【必見】ニキビ跡に効果的な治療薬は?タイプ別に紹介

せっかくニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡が出来てしまった。そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。

赤黒く色素沈着したニキビ跡は、メイクでも完全に隠すことが難しいため、人知れず悩みを抱えている方も少なくありません。

ニキビ跡をしっかりケアしたいのであれば、美容外科を受診することをおすすめします。美容外科では、内科的・外科的アプローチによる専門的な治療を受けることができます。

ここでは、美容外科で受けられる3種類の主な治療法についてご紹介します。

ニキビ跡について

ニキビ跡にはさまざまなタイプがあります。以下に、主なニキビ跡のタイプをご紹介します。

赤みタイプ

肌の表面に赤みが残ったタイプのニキビ跡です。肌の内部に炎症が残っていたり、赤ニキビが悪化して化膿したりすることで引き起こされます。

肌の状態が健全であれば、時間の経過とともに赤みは薄くなっていきますが、ターンオーバーがちゃんと行われていないと、ニキビ跡として残りやすくなってしまいます。

ニキビ跡としては、色素沈着タイプと共に、最も一般的なタイプと言えます。

色素沈着タイプ

ニキビのあった場所に色素沈着が起こり、茶色や紫色のシミのようなものが残ってしまうタイプです。

ニキビが悪化して炎症や化膿が生じると、肌を守るために大量のメラニン色素が生成されます。茶色のシミが残る場合は、このメラニン色素が原因です。

一方、炎症により毛細血管が破壊されて出血し、血液中のヘモクロビンが色素沈着すると、紫色のニキビ跡として残ってしまいます。

クレータータイプ

ニキビが悪化してかなり深刻な状態になると、治った後の肌にクレーター状のニキビ跡が残ってしまうケースもあります。

「陥没瘢痕(かんぼつはんこん)」とも呼ばれるこのタイプは、肌が凸凹してしまいメイクなどでも隠しにくいだけでなく、自然回復も難しいとされています。

ニキビ跡がクレーターになってしまうのはなぜ?おすすめの治療をご紹介

しこりタイプ

ニキビのあった場所が固くなり、盛り上がってしこり状になったタイプで、肥厚性瘢痕とも呼ばれます。触ると違和感や痛みがあるケースも少なくありません。

ニキビの炎症が皮膚の深い場所まで達し、肌を修復する過程で新しい細胞を作りすぎてしまうことで、しこり状のニキビ跡が出来てしまいます。

1か月以上しこりが残る場合や、定期的に同じ場所が炎症を起こす場合、しこりから嫌な臭いが出てくる場合などは専門医の受診をおすすめします。

ケロイドタイプ

しこりタイプのニキビ跡がより深刻化したものが、ケロイドタイプです。

ケロイドとは、肌を修復する過程で皮膚が必要以上に作られてしまい、硬く盛り上がった状態を指します。ミミズ腫れのような見た目が特徴で、肌が突っ張っているように見えるため、場所によってはとても目立ってしまいます。

そのため、美容的な理由で治療を希望する方も多いタイプと言えます。

ケロイドとは?美容クリニックの治療で改善は可能?

【1】内服薬(飲み薬)

ニキビ跡を治療する内服薬(飲み薬)には、主にビタミン剤が用いられます。

ビタミン剤とはビタミンを配合した薬のことで、集中的にビタミンを補給することで、肌のターンオーバー(新陳代謝)が促され、ニキビ跡の改善効果が期待できます。

また、皮脂の過剰な分泌が抑制されるため、ニキビの予防にも効果的です。

ニキビ跡の治療に用いられるビタミン剤にはさまざまな種類があります。

一般的には、ビタミンC製剤の「シナール」、ビタミンB6製剤の「ピドキサール」、ビタミンB2製剤の「フラビタン」、そしてビタミンB1・B2・B6・B12複合製剤の「ノイロビタン」などがよく使われます。

【2】外用薬(塗り薬)

ニキビ跡を治療する外用薬(塗り薬)には、ヒルドイドソフト(軟膏)やヒルドイドローションが用いられます。

ヒルドイドには皮膚を保湿する作用があり、乾燥性の症状を軽くする効果が期待できます。また、使用部位の血行を促進し、血行障害による痛みや腫れを改善します。

主に、クレータータイプ(陥没瘢痕)やケロイドタイプのニキビ跡に使用されます。

また、炎症が残っている場合には、炎症を鎮める作用のある外用薬が処方されることもあります。

ニキビ治療を目的に処方される主な外用薬としては、デュアック配合ゲル、ディフェリンゲル、ダラシンTゲル、ダラシンTローション、アクアチムクリーム、ニゾラールローションなどがあります。

【3】スキンケア指導(保険適用)

ニキビは皮膚の炎症であり、立派な皮膚疾患の一種なので、自由診療に含まれない一般的な治療であれば保険適用で受けることが可能です。

美容外科では、患部の処置や薬の処方はもちろんのこと、スキンケアの方法やニキビを作らない(悪化させない)生活習慣の指導なども、診察の一環として行われています。

誤ったスキンケアや不規則な生活習慣は、ニキビの発生や悪化の原因になります。また、肌のターンオーバーが乱れることで、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

専門家による正しい指導を受けることも、ニキビの予防やニキビ跡の治療にとってはとても大切なことと言えます。

池袋サンシャイン美容外科のニキビ跡治療は

池袋サンシャイン美容外科では、最新の医療用レーザー機器・スターラックスによるニキビ跡の治療を行っています。

スターラックスを用いた治療は、内服薬や外用薬ではなかなか改善しないクレータータイプやケロイドタイプのニキビ跡にも有効です。

以下に、スターラックスによる治療内容について詳しくご紹介します。

スターラックスの特性

スターラックスは、肌の生まれ変わり(再生)を促し、同時にリフトアップ(引き締め)も行う最先端の医療機器です。

レーザーで患部の表面に無数の小さな孔を開け、その孔が治癒する過程で表面の凸凹を平らにしたり、傷跡の面積を減らして目立たなくしたりする効果があります。

また、照射時に皮膚の中にあるアクネ菌を焼き殺してしまうので、新たなニキビの発生を防ぐ効果も期待できます。

池袋サンシャイン美容外科が導入しているスターラックス1540では、皮膚表面を冷やしながら圧迫照射を行うため、従来の凝固型フラクショナルレーザーに比べて痛みや術後の赤み・腫れなどが少なくて済みます。

赤みや色素沈着はもちろんのこと、凸凹(クレーター)やケロイドが残ってしまって気になるという方や、従来のレーザーは痛みが強くて続かなかったという方は、ぜひスターラックス1540による治療を試してみることをおすすめします。

スターラックスの治療

照射時間については、両頬に照射をする場合、約7~8分の治療時間となります。

照射中は患部が少し熱くなったり、軽く針を当てられたりしたような痛みを感じます。

また、照射直後から2、3日の間も、多少のヒリヒリ感や赤み、腫れ、火照りなどを感じることがあります。

スターラックス照射後の経過について

スターラックス照射後の経過には個人差があるため一概に言い切ることはできませんが、一般的には以下のような方が多いです。

3日ほど経つと肌の赤みが引き、細かいカサブタが出来てきます。カサブタは擦らずに、自然に剥がれ落ちるのを待ちます。

5~7日ほど経つと肌がつるつるになってきます。その後1か月ほどかけて皮膚の再生が進みます。

皮膚の再生が完了するまでは、肌が乾燥しやすく、紫外線の影響も受けやすい状態が続くため、保湿や日焼け止めによる遮光をしっかりと行う必要があります。
banner

0120-331-244

受付時間:10:00~19:00(完全予約制)

ページトップへ