交通事故や傷害による傷跡治療

事故や傷害による傷跡治療

  • 事故後の治療に関する補償についてどうしたら良いか分からない
  • どこまで保険がおりるのかわからない
  • 事故を思い出すため、傷跡そのものをなくしたい
  • 救急で縫ったひどい傷がこのまま残るのが嫌だ
  • 保険会社にうまく言いくるめられている気がする

すべて池袋サンシャイン美容外科におまかせください。

交通事故の傷跡に苦しんでいる全ての人へ~院長鈴木栄樹からのご挨拶

院長 鈴木 栄樹
事故後の傷跡治療を保険の範囲内で受ける!

交通事故にあい、緊急搬送の上 手術を受けたけれど、ひどい傷跡が残ってしまった。赤くみみずばれになっているけれど、病院の先生は時間がたつのを待ってくださいという・・・。
そういうご経験はありませんか?あきらめる必要はありません。
傷跡の修正治療やレーザー治療も、自費治療でも症状固定による慰謝料請求前であれば、自動車保険(任意保険・自賠責保険)の治療費は支払われます。
また、支払いが行われる様、クリニックから保険会社の担当者の方と交渉も行っております。
さらに、当院にて治療を受けられた方へ、症状固定の場合の外貌醜状の後遺障害等級と後遺症慰謝料請求に必要な診断書の作成も行っております。
まずは当院にて無料カウンセリングにお越しください。
治療内容・期間・金額について詳しくご説明をさせて頂きます。

  • 日本美容外科学会正会員・認定医
    日本美容外科医師会正会員
    日本抗加齢医学正会員
  • 95年   聖マリアンナ医科大学卒業
    95-97年 同大学麻酔科勤務
    97-02年 大手美容外科勤務のちに、分院院長歴任
    03-06年 医療法人博済会鈴木病院 美容外科外来開設
    06年   池袋サンシャイン美容外科開設
    09年   医療法人社団 栄真会 開設

交通事故で傷をおってから、当院にて傷跡治療の解決までのフローチャート

交通事故で傷をおってから、当院にて傷跡治療の解決までのフローチャート

交通事故による傷跡治療にかかる費用について

自己負担0円で傷跡治療ができるなんて…

※症状固定による治療打ち切り申請をなさっていると、無料での治療は受けられません。

当院のおすすめポイント

交通事故の傷跡治療を当院にて行うお勧めポイント

  • 01. 患者様のケースごとに、自動車保険を的確にアドバイス

    自動車保険の任意保険か自賠責保険か、当院の交通事故の治療担当スタッフが
    詳しく患者様ごとの様々なお悩みにお答えいたします。

  • 02. 自動車保険会社の担当者と直接交渉も行います

    患者様のお傷の状況においてお見積りを作成後、相手方保険会社の方との折衝も当院にて行います。
    患者様のお手を煩わせる必要がありません

  • 03. 症状固定後の醜状後遺症診断書の作成を実施

    患者様を第一に考えた後遺障害認定に必要な診断書を作成いたします。
    この医療機関が発行する診断書を元に後遺症認定が行われ、慰謝料の金額が大幅に変わります。交通事故の専門知識について弁護士とも連携を行い、的確な診断書を作成いたします。

  • 04. 修正手術と傷跡治療レーザー
      両方からのアプローチで確実に傷跡を改善

    病院ではレーザーによる傷跡治療はできません。
    修正手術か対処療法のみとなります。
    当院では 修正手術とレーザー治療両方のアプローチに加え、内服薬や薬治療もご用意。多種多様な治療方法から、患者様のご要望に合った治療法をご提案いたします。
    もう、手術は散々だからレーザーで傷跡を綺麗にしたい方にもおすすめです

  • 05. 土日祝日も治療可能

    普段はお仕事でなかなか治療に通えない方も安心
    土日祝日も治療を受けたまわっております

  • 06. 未成年OK

    中学生以上であれば、未成年の方の治療も可能です。
    どうぞご家族でご相談にいらっしゃってください

交通事故の傷跡治療の流れ

施術の流れ
 
ステップ1

まずは、担当の女性カウンセラーへご相談ください

カウンセリング・見積もりは無料です。まずは、交通事故の傷跡を治療するに当たり、治療内容・期間・金額についてカウンセリングを行い詳しく説明をいたします。

まずは相談
ステップ2

お見積り書のお渡し

治療期間の目安と治療内容と金額を記載しました御見積書をお渡しします。相手方の保険会社へお渡しください。保険会社にて治療可能か審査があります。合わせて、治療に関する詳しい御説明資料をお持ち帰り頂きます。

お見積り書のお渡し
ステップ3

治療開始

保険会社にて治療可能となりましたら、クリニックにてご予約いただき治療開始です。
※患者様の料金負担はございません。

治療開始
ステップ4

治療の見直し

一定期間治療後、保険会社への診断書作成を行い、治療を継続するかどうか判断を行います。

治療の見直し

これ以上の治療継続が困難と判断された場合、患者様のご希望があれば傷跡に対する後遺傷害診断書を作成いたします。
※後遺傷申請を行い、保険会社にて審査がありますので、必ず審査がとおるとは限りません。

当院にてご用意している交通外傷に対する傷跡治療方法

修正手術

ケロイド化してしまったり、救急で急いで縫合したため縫合部分が大きく目立つ傷になってしまった場合、修正手術を行うことが可能です。
その修正手術後の傷跡をさらにスターラックス照射を行い傷をきれいにすることが可能です。

小さなものであれば、当日カウンセリングの後すぐに治療をすることもできます。

傷跡修正手術(保険適用)

よくあるご質問

治療後の通院回数を教えてください。
手術後3日目検診 7日目抜糸 2週間目・3週間・1か月検診となります。
治療期間中気を付けることはありますか?
抜糸が終わるまでは、患部を濡らせません。
また、手術部位に負荷をかけるような動作・はげしい運動はお控えください。
飲酒・喫煙について
基本的にお勧めいたしません。
飲酒は最低でも、手術当日~3日程度はお控えください。
喫煙すると血中のビタミンを破壊し、傷の治りを阻害しますので、極力やめられることをお勧めいたします。

傷跡治療レーザー

スターラックス

丸いヘッドの先からでるマイクロビームの格子が皮膚の中に小さな細かい孔をあけます。孔の周りに生じた熱により皮膚が収縮し、皮膚を引締め、さらに、開いた孔とその変性領域を治癒する過程で、皮膚の再生がおこなわれ、新しい皮膚に生まれ変わります。

1540nmの波長で深くでレーザーが浸透するためより長い間皮膚の再生およびコラーゲンの生成が持続し、リストカットや深い傷跡へもしっかりと改善をおこなうことが可能となりました。また肌を再構築していく過程で長期間にわたるコラーゲンが生成され、ツヤと張りのあるプルプルなお肌を長時間持続させることができます。

通院回数 月に1度のペースで5回照射をお勧めしています
施術時間 両ホホ約30分
全顔 約1時間
赤み・腫れ 個人差がありますが、日焼けをした後のような感じです
お化粧でカバーすることができます
痛み 従来のフラクショナルレーザーと比べ劇的に痛みの軽減ができたレーザーですが、痛みに弱い方には、表面麻酔(約15分程度)をお勧めしています
生活 当日より可能

 

内服薬 外用薬

ケロイド予防のリザベン

飲み薬ではトラニラスト(リザベンR)が有効であるとされています。これは抗アレルギー剤であり、肥厚性瘢痕やケロイドの組織中にある各種炎症細胞が出す化学伝達物質を 抑制することにより、痒みをはじめとする自覚症状を抑え、さらには病変自体を沈静化 させると考えられているものです。また漢方薬の柴苓湯が使われることもあります。これらの効果は強くないので、他の治療法と合わせて用いられます。
リザベン

 

キズアトのふくらみを軽減するステロイドテープ

ステロイドのテープ(ドレニゾンテープやエクラーのブラスター)が用いられます。特に エクラー ブラスターの効果は高く、皮膚が厚い大人には大変有効です。皮膚の薄い小児や高齢者にはドレニゾンRテープでも十分な効果が得られます。かぶれを生じなければ長く使用することで肥厚性瘢痕やケロイドの盛り上がりが改善します。

 

ケロイド状の傷跡のふくらみをへこませるケナコルト注射

ステロイド(ケナコルト R)を注射することがあります。赤みや盛り上がり、痛みや痒みは速やかに軽減します。効果が強すぎるとかえってんだ瘢痕になることもあります。塗り薬と同じく、ステロイドであるため、周囲の皮膚が薄くなって毛細血管が拡張することも欠点です。また硬い瘢痕の中に注射すると痛みが出るため、痛くない注射・効果的な 注射には熟練の技術が必要です。女性ではステロイドの影響で生理不順が生じること もあるため注意が必要です。
ステロイド

 

傷跡の乾燥を防ぎ、レーザー照射による治癒力をアップさせるプラセンタクリーム

術後、傷の周りは非常に乾燥しやすくなります。 乾燥は、傷を汚くさせてしまう原因です。しっかりと保湿対策を行ってください。 当院では、プラセンタ配合の美容液とクリームをご用意しております。 通常の保湿クリームでは物足りない方にはぜひお勧めです。
プラセンタ

症例写真

以下の写真を押すと、詳細な解説・料金などが表示されます。

  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 あごの傷 1本 1回35,100円 1クール5回140,400円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 15年前に転倒により、アゴに傷が残りました。
    今でも気になるということで、レーザー治療を開始。
    まったく傷がどこにあるかわからないくらいまで改善しました。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 額の傷 1本 1回35,100円 1クール5回140,400円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 額の縫い傷に対して、レーザー照射を行いました。
    照射後の赤みがでていますが、傷そのものは目視ではわからないくらい綺麗に改善しました。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 3本 1回35,100円 1クール5回140,400円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 傷ができて約1ヶ月後からの治療となりました。
    通常、細かい傷が多くいらっしゃる方は面積でのお見積もりとなりますが、左図のように離れたところに3本のお傷がある場合は、その3本ぶんとしてお見積もりを行う場合がございます。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 左足の傷15cm 1回107,250円 1クール5回429,000円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 左足を犬にかまれた時の傷跡です。
    赤い傷跡の段階で治療を開始するとかなりの改善が見込めます。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 右頬の傷8cm 1回57,200円 1クール5回228,800円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 左頬の縫合した傷跡の改善を行いました。
    継続的に治療をすることでもっと改善してまいります。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 腕の傷 1本 1回35,100円 1クール5回140,400円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 左腕を事故によりけがをされた方となります。
    瘢痕状のお傷となりました。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 大腿の傷8×8cm 1回107,250円 1クール5回429,000円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 太ももに大きく面上の傷跡が残っている症例になります。皮膚切除して1本の傷にすることも可能ですが、このままレーザ照射を行うことで改善を行いました。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 腕の傷10cm 1回71,500円 1クール5回286,000円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 腕の手術後のお傷となります。
    救急にて縫われた場合、約1ヶ月後からレーザー照射が可能です。
  • スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療法 スターラックス/iconによるレーザ照射
    治療回数 月に一度のペースで5回照射
    時間 照射時間5分~10分 その後クーリング15分
    治療金額 頬の傷 3cm 1回35,750円 1クール5回143,000円
    リスク 照射後の一時的な赤み・腫れ・色素沈着・乾燥・痒み・まれに水疱
    術後の生活 ゴシゴシこすらないようご注意ください。
    当日はシャワー浴がお勧めです。翌日からご入浴ください。
    所見 左頬の裂けているお傷です。
    縫合することなくそのままのお傷でした。
    レーザー照射を5回することでかなり改善しました。
    このままレーザー照射を重ねることでもっと改善されてまいります。

交通事故にあってから、解決までの一般的な全体の流れ

【1】事故発生

事故発生時は、怪我がないと思っても必ず警察を呼び人身事故として警察の方に手続きを取ってもらいましょう。
警察の方にて、交通事故証明書を作成してもらうことで、今後病院でのリハビリやあとから痛みが出てきた際に加害者側に直接連絡することなく、保険会社とやり取りすることが可能となります。
事故に遭った際、加害者側と直接連絡をとることが嫌な方がほとんどかと思われます。
感情的な口論となる場合もあり、ストレスがかかる行為です。
自賠責保険であれ、任意保険であれ第3者機関の担当者と話をするほうがお気持ち的にも軽くなる面があると思いますので、交通事故証明書をもらうようにしましょう。

【2】交通外傷の傷跡治療

お傷の程度にもよりますが、救急搬送され応急処置的に病院にて処置を受けた場合は、その病院での治療終了時、保険会社提出用診断書を発行してもらってください。
治療した医療機関それぞれに診断書を発行してもらう必要があります。
整骨院などでリハビリを行う場合でも、診断書の発行は医師しかだせません。
整骨院と整形外科は平行で通院される必要があります。
その後、当院にて傷跡修正治療を行っていただきます。受傷してから1ヶ月以内の赤い傷の間に当院にて傷跡修正治療を行っていただくとかなりしっかりと傷跡を改善することができます。
傷が白くなるまで待たず、まずは無料カウンセリングにお越しください。

【3】症状固定

傷跡修正治療を行っても症状が改善せず、もうこれ以上傷跡治療を続けても改善する見込みがない場合は症状固定とし、治療を終了します。
その場合は、後遺障害診断書を作成し後遺障害の等級認定申請を行う流れとなります。
しかし、一度症状固定診断を申請してしまうと、後から治療を開始したくても治療費を請求することが出来なくなるため慎重な判断が必要となります。
 
特に、外貌醜状による後遺症認定後の損害賠償請求は、頭・顔・首だけとなり、腕や足や胸・腹部・背中は対象外となります。
その為、損害賠償請求をできない分、慎重にしっかり治療を受けたほうが良い場合もあります。

【4】後遺症診断書(自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書)の発行

当院にて治療を行い、症状固定が認められ、これ以上の改善が見込めないと医師が判断した場合、
後遺症診断書(自動車損害賠償責任保険合意小診断書)を発行いたします。池袋サンシャイン美容外科にて治療を行った傷跡改善に関する外貌醜状の診断書発行を行います。
リハビリなど別の整形外科にお通いの方は、それぞれのクリニックにて後遺症診断書を作成なさってください。後遺症診断書は医師にしか作成・発行することができません。
整骨院などにお通いの場合は整骨院での診断書発行はできませんので、別途整形外科にて診断書を発行してもらう必要がございます。
当院にて治療をしていない方の診断書のみの発行はおこなっておりません。
診断書の発行は7000円(税抜き)となります。発行ご依頼の方は、保険会社から後遺症診断書をもらいクリニックへご持参ください。基本的にご依頼いただいてから1週間前後での発行となります。診断書は郵送にて患者様へお届けすることも可能です。
ご自身での判断で治療を中断した場合や明らかにまだ治療による改善が見込める状態にもかかわらず、後遺症診断書発行をご依頼される場合は、発行をお断りする場合もございます。

【5】後遺障害の等級認定と示談交渉

医療機関にて発行された後遺症診断書及び各症状に合わせた資料をそろえ、後遺障害の等級認定を行います。この等級認定がされないと慰謝料を受け取ることが難しくなります。等級認定は、相手方の保険会社にて手続きを行う”事前認定”と被害者ご自身(もしくはご自身の加入保険会社の個人賠償宇責任保険の担当弁護士)にて手続きを行う”被害者請求”があります。
決まった後遺障害等級を元に、示談金としての賠償額がきまります。

交通事故の任意保険と自賠責保険てなあに?

自賠責保険や任意保険により治療費負担を0円に。

  • 自賠責保険とは

    国の対人保証制度のことで、相手が保険未加入であっても、任意保険を使わずに最低限の補償が受けられます。傷害(ケガ)の場合は120万円までが保険金として支払われます。

  • 任意保険とは

    自動車保険のことを指し、自賠責保険の支払い限度額を超えてしまった部分に対して支払われたりします。任意保険には様々な補償内容があるため、まずは当院にご相談ください。

 

任意保険にて傷跡治療をおこなうには

任意保険とは、三井住友海上とか東京海上などの自動車保険に加害者ご自身が加入している保険会社のことをいいます。
その場合は、保険会社担当が被害にあわれた方とやり取りを行っていくこととなります。
担当保険会社の方によっては、美容外科での治療は保証の範囲外と言われるかたもいらっしゃいますが、そのようなことはありません。当院でのカウンセリング及びお見積り発行は無料です。一度カウンセリングにてご相談いただければと思います。その際に、詳しい治療方法を決定し、ご説明の上、説明資料とお見積書をお持ち帰りいただきます。その説明資料とお見積書のコピーを相手方保険会社のご担当者様へお渡しください。
保険会社の審査部門との折衝については当院にておこなっております。審査が通りましたら、保険会社からクリニックあてに振り込みがあります。その時点で患者様は一切お支払いの必要がなく治療を行うことが可能となります。

自賠責保険にて被害者請求をするには

自賠責保険とは、バイク・自動車を購入するにあたり必ず加入されている保険です。
そのため、任意保険に入っていない場合でも、自賠責保険にて最大120万円まで治療を受けることができます。
本来は、加害者側が治療費を負担し、後ほど加害者側が自賠責保険へ治療費請求を行うことが通例ですが、加害者側との話し合いが長引いたり、支払い能力がない場合、なかなか傷跡治療を始められないとうケースもあります。
しかし、傷跡治療は早いほうが断然治りが良く、傷跡が赤いうちに治療を始めることがお勧めとなります。
また患者様ご自身も痛々しい傷跡を少しでも早く治療したいというお気持ちもあるでしょう。
そのような場合は、加害者側の対応を待たずに被害者が自賠責保険に対し直接請求をすることができます。これを被害者請求と言います。
自賠責保険に対して被害者請求を行う場合は、まず加害者の自賠責保険会社を調べる必要があります。そこで、車検証と同封されている”自動車損害賠償責任保険証明書”を確認しましょう。そこに記載されている保険会社へ被害者請求を行うのです。その際加害者の”自賠責保険証明書番号”が必要になるため相手方の名前・住所・電話番号とともに記録しておきましょう。
もしくは、交通事故証明書を警察にてもらえます。この交通事故証明書に必要な情報が記載されています。
この情報を元に、保険会社へ電話をして被害者請求を行いたい旨を申し伝え手続きを踏んでいきます。

自賠責保険の治療費を前払いしてもらうには~仮渡金請求~

通常は、まず治療費をご自身で負担して治療を行い、その後 診断書と領収書をもって自賠責保険に請求する形となりますが、請求しても審査が通らない場合もありえます。
その為治療前に、クリニックへ自賠責保険から治療費を事前に振り込みをしてもらえる仮渡金請求を行える制度があります。
この仮渡金請求を行うと、示談成立前に治療費を前倒しで請求することができ、素早く治療を開始することができます。また、もしかしたら治療費が認められないかもしれないという不安をぬぐい、安心して無料で治療を受けることができます。

自動車総合安全情報

治療してから外貌醜状による後遺障害認定を受けるまで

外貌醜状とは

交通事故にあって、ひどい傷が出来た場合はまず救急にて応急処置を行い、その後当院にて傷跡修正手術治療を行います。それでも傷跡がもうこれ以上改善せず症状固定されたと判断した場合は、外貌醜状による後遺症認定を行います。
外貌醜状とは、以下の範囲に目立つ傷・瘢痕・陥没などの傷跡が残ることを言います。
外貌醜状の範囲 ⇒ 頭・顔・首

外貌醜状による後遺障害認定は男女関係なく申請することができます。
鏡を見るたびに傷が目に入り、交通事故の記憶がよみがえることは、生活する上でつらく、精神的に追い込まれるものです。そのようなお気持ちに対して後遺症慰謝料が支払われたり、
将来の仕事を選ぶ上での制限が加わったり、結婚など人生に大きく影響してくる傷跡は利益損失につながってきます。そのような損失を加害者側へ損害賠償請求していく権利が生まれてきます。

当院にて治療を行った患者様へはそのような、損害賠償請求に必要な書類づくりのお手伝いをさせて頂いております。その書類の内容によって後遺障害等級が決定され、慰謝料の額も多く変わってきます。ぜひ交通事故専門外来を設けている当院にてご相談ください。

外貌醜状の後遺障害等級とその慰謝料

後遺障害等級 認定要件 具体的な傷跡の定義 後遺症慰謝料
7級12号 外見にひどい傷が残った場合 顔に卵大以上の瘢痕もしくは、10円玉以上の陥没が残った場合。
首の場合は手のひら以上の傷跡
1000万円
9級16号 外見に目立つ傷が残った場合 顔に長さ5㎝以上の線状の傷 690万円
12級14号 外見に傷が残った場合 頭の卵大以上の瘢痕
顔の10円玉以上の瘢痕もしくは3cm以上の傷
首の卵以上の瘢痕
290万円

よくあるご質問

よくあるご質問
 
いつごろから傷跡治療を開始できますか?
救急にて皮膚縫合の手術を行った場合、治療から1ヶ月後を目安に治療可能です。
治療をおこなった病院の診断書をご持参いただくとスムーズな治療を開始できます。
道路に転び、傷跡が黒くなってしまった。どのように治せばよいですか?
外傷性刺青といい、アスファルトの色が皮膚に入ってしまっている状態です。
まず、色素が入っている皮膚を切り取る手術を行い、その後スターラックスによる傷跡修正の治療を行います。
治療期間中に注意することはありますか?
治療部位は日焼けをしないように注意してください。色素沈着の原因となります。
治療後の通院回数を教えてください。
手術後3日目検診 7日目抜糸 2週間目・3週間・1か月検診となります。
治療期間中気を付けることはありますか?
抜糸が終わるまでは、患部を濡らせません。また、手術部位に負荷をかけるような動作・はげしい運動はお控えください。
飲酒・喫煙について
基本的にお勧めいたしません。飲酒は最低でも、手術当日~3日程度はお控えください。喫煙すると血中のビタミンを破壊し、傷の治りを阻害しますので、極力やめられることをお勧めいたします。
治療費がいくらかかるのか知りたい。
施術費は一部の場合を除き、自賠責保険から支払われます。
診断書等の証明書の発行をお願いしたいのですが。
当院より発行致します。
休業補償は主婦でも貰えますか?
収入のない主婦でも家事等に支障が出ると判断された場合、休業補償が支払われます。
交通費を保険でまかなえますか?
支払われます。自分で車などの運転が出来ないと判断されている場合、移動にかかった交通費は保険から支払われます。
事故からだいぶ経ってしまいましたが治療は行えますか?
事故からあまり期間が空いてしまうと、事故との関係性が認められなくなる場合があります。
自分が一方的に悪いのでしょうか。
まずは、ご相談ください。過失割合を決めるのは保険会社ですので相談によって相手の過失証明がとれる可能性もあります。
 

0120-331-244

受付時間:10:00~19:00(完全予約制)

ページトップへ