ほくろ除去・イボ治療【保険適用可】

短時間で完了のほくろ除去治療について

 

ほくろを取るかお悩みの患者様へ ~院長からのご挨拶~

院長

ほくろについてお悩みでしたら、
ぜひ当院へご相談ください。

ホクロや頑固なシミをレーザーにより除去いたします。 施術前に局所麻酔を行うため痛みもございません。 5分程度で終わる簡単な施術となります。 治療後は紫外線を避けて、色素沈着の予防をしっかり行うことが必要です。 ホクロの除去は保険診療で対応可能なため、非常にリーズナブルに施術をお受けできます。 ※保険診療の対象とならないホクロの種類もございますので、まずはお問合せください。 院長
院長
☎0120-331-244へ電話して予約する ✒カウンセリングを申し込む

 

ほくろについてのご説明

ほくろとは

ほくろは、体中のあちこちにあります。

例えば、顔にあると、まぶたにあって視界の邪魔になってしまったり、ひげを剃る時に引っかかったりしてしまいます。また、悪性腫瘍の可能性もあります。

疾患としての問題がある場合もあるため、保険適用内できちんと除去することが大切です。

ほくろ除去治療はこんな人におすすめ

ホクロの悩み

ホクロ
  • メイクで隠せないホクロがあるメイクで隠せないホクロがある
  • 大きなホクロがあって目立っている大きなホクロがあって目立っている
  • 小さなホクロがたくさんある小さなホクロがたくさんある
  • 年々ホクロが増えてきた年々ホクロが増えてきた
ほくろ不安

イボの悩み

イボ
  • イボが少しずつ大きくなっている
  • メイクで隠せないイボがある
  • イボを病理検査してほしい
  • 難治性イボの為、なかなか完治しない
  • 皮膚腫瘍なのではないかと不安
イボ不安

アザの悩み

アザ
  • 生まれつき大きなアザがある
  • どんどんシミ・そばかすの色が濃くなってきている
  • アザの部分の皮膚が少し盛り上がっている
  • 顔など目立つ所にアザがある
  • 悪性のものもあるので不安
アザ不安

ほくろを保険で取るメリット

小さなときには全然なかったのに、年を取るにつれて増えてくるほくろ。 特にお顔に増えたほくろは気になりますよね。 増えてくるだけではなく、大きくなるほくろ・触ると痛いほくろ・ジュクジュクしたほくろ 色々なほくろのお悩みを抱えていらっしゃる方が多くご来院されます。

当院では保険適用のほくろの除去について手術だけではなく、電気メスによる凝固法による切除も行っております。

保険適用にてほくろ除去を行っているため、自己負担3割の保険証をお持ちの場合、1か所約8000円~15000円程度で除去することが可能となります。また保険診療にてほくろ除去した後は、そのほくろを病理検査に提出します。

ほくろ除去後、約10日前後でほくろの病理診断結果がクリニックへ戻ってきます。 患者様へは10日目検診もしくは1か月検診にて結果をお伝えしております。 ほとんどの方は、良性で問題ありませんが何百人にかに1人の割合で悪性の皮膚腫瘍だったという結果をおつたえする場合もあります。その場合でもしっかり除去しているので問題はありませんが、転移の可能性がありますため 大学病院への紹介状をお書きしております。

 

ほくろの種類とその説明

クラーク母斑

ほくろ

もっとも一般的な標準のほくろで、皮膚に沿って平らなほくろです。

生まれつき存在しているものが多く、体のあちこちに発生しています。

良性のため、治療の必要はありませんが、年々濃くなっていく特徴があります。

スピッツ母斑

ほくろ

クラーク母斑よりも色が濃いほくろです。

形は丸みを帯びていて、左右対称であることが特徴です。

悪性黒色種(悪性の腫瘍)と間違われることもありますが、このほくろは悪性で

はありません。

ミーシャ母斑

ほくろ

肌の表面よりも下にある真皮から、黒くなっているほくろです。

皮膚の下に向かって、逆三角形に細胞が分布しています。年齢とともに

色が薄くなる傾向もあります。

ウンナ母斑

ほくろ

膨らんだ皮膚組織の表面が、ひび割れをおこしている状態のほくろです。主に、体幹にできます。

直径1cm程度のものが多いことが特徴です。

 

当院にて保険でほくろを取るおすすめポイント

01:保険適用なので、費用負担が少ない

02:1度で完了

1回限りで取り切れます。何度も通う必要はありません。

 

03:傷跡が目立たない

医師がメラニン組織ギリギリで切除します。小さなほくろは表皮化するのが早く傷跡が目立ちません。

 

04:休日診療

土日も診療しておりますので、お仕事や学校で週末しか時間が取れない方にも治療がしやすいです

 

05:未成年もOK

未成年の方でホクロ除去をご希望の方は 保護者の方のご同伴が必要となります。

 

06:手術給付金が受けられることがあります

加入されている生命保険会社や共済組合の保険内容によっては、ほくろ除去に関して保険診療による治療を行った場合は手術給付金を受けられる保険があります。

ご自身の加入されている保険内容をご確認ください。ご要望がございましたら診断書を発行させていただくことが可能です。

 

当院にて行っているおすすめのほくろの取り方 ~レーザー治療編~

レーザーによるほくろ除去の概要

ほくろ除去治療をレーザ―にて行う場合は、カウンセリングの後すぐに治療が可能です。 当院では、ほくろの症状に応じて、電気メスによる切開凝固法と炭酸ガスレーザーであるCO2レーザーによる蒸散法の2通りをご用意しております。

治療の際には、除去するホクロの場所を確認後、局所麻酔を注射にて行います。その後レーザーにてほくろ除去を実施。 治療後はほくろの色素があるところをすべて焼いてくりぬく形となりますため、場合によってはニキビ跡のように陥没した状態 となります。この陥没は表皮化するにつれて徐々に改善してきます。

1mm程度の小さなほくろでしたら、跡形もなくきれいになる方もいらっしゃいますが、 大きくまた皮膚深くまでほくろのあるかたですと、ニキビ跡のような少し陥没した状態で傷跡が定着する場合もあります。

またアフターケアについてですが、ほくろがあった場所を焼いて取り切っていますため、ほくろ除去直後は皮膚がない状態です。 そのため、そのままお帰りになると日焼けによる色素沈着の原因となります。 そこで、抗生剤入りの軟膏を塗布後、日焼け防止の為 肌色のテープを 3枚重ねにした保護用テープをほくろの上に はってお帰り頂きます。

表皮化するまでの約10日間は、ばい菌による化膿を防ぐためにも必ずお貼 りいただくようお願いしております。

レーザー治療はこんな方におすすめ

  • 顔や首など
    目立つ場所にあって
    お化粧で隠せない
  • 短時間で
    治療したい
  • ホクロやイボが
    だんだん
    大きくなってきている
  • 病理検査
    して欲しい

施術概要

ホクロやイボをレーザーにより除去致します。施術前に局所麻酔を行うため痛みもございません。
5分程度で終わる簡単な施術となります。治療後は紫外線を避けて、色素沈着の予防をしっかり行うことが必要です。
ホクロの除去は保険診療で対応可能なため、非常にリーズナブルに治療をお受け頂けます。
※保険診療の対象とならないホクロの種類もございますので、まずはお問合せください。

施術概要
施術時間
5mm程度のホクロ・イボ・アザで
約5分程度
メイク
当日より可能
治療直後
赤くうっすらと跡になる程度
アフターケア
遮光テープを患部に10日程度貼るだけ

 

費用保険と自費の金額

1個1mmあたり 5分 5,000円   
皮膚腫瘍 1個保険 顔・前腕・下9434円 体・上腕・大腿8294円

※目安金額となります。治療箇所/範囲によって変動致しますので、お気軽にお問い合わせください。

来院からレーザーによる、ほくろ除去治療完了までの全体の流れ

診断・カウンセリング、治療前のご説明、治療、アフターケア・治療後の通院

診断・カウンセリング

ドクターにて治療希望の箇所の場所と数を確認いたします。
レーザー除去か手術が必要か判断いたします。

施術前のご説明

治療のお値段総額を事前にお伝えいたします。
ホクロ除去に関する詳しい説明資料をお読みいただき、イメージを明確にしていきます。

施術

注射による局所麻酔後、そのまま除去を行います。除去したホクロは病理検査へ提出します。

アフターケアと治療後の通院

お傷の状態を確認します。保険適用の方は病理検査の結果をお伝えしております。

 

手術によるほくろ除去治療の詳しい流れ

step1

除去までの流れ除去までの流れ

取りたいほくろを確認後、局所麻酔をします。
32Gという大変細い針を使用していますが、チクっとした いたみがございます。

 

step2

除去までの流れ除去までの流れ

麻酔がしっかり効いたことを確認してから、ほくろの除去を行います。

 

step3

除去までの流れ除去までの流れ

ほくろ除去が完了したら、鏡できちんとほくろがなくなったことをご自身でご確認頂きます。
その後、抗生剤の軟膏を塗布し、肌色のテープを張りお帰り頂きます。

 

step4

除去までの流れ除去までの流れ

除去したほくろは病理検査に出します。
約10日を目安に病理検査報告書が届きますので、10日目の検診時に良性か悪性か報告します。 その後、抗生剤の軟膏を塗布し、肌色のテープを張りお帰り頂きます。

 

☎0120-331-244へ電話して予約する ✒カウンセリングを申し込む

 

レーザーによる、ほくろ除去後のケアについて

ほくろ除去治療が終わった後の生活の注意点

ほくろを取った後は、皮膚がない状態となり赤みがでます

そのため新しい皮膚が形成されるまでは、抗生剤の軟膏を塗り、皮膚の代わりのテープをお貼り頂いて生活をしていただきます。 ホクロ除去後は、自然治癒力により浸出液が出ています。すこしテープからにじむ程度の方もいらっしゃいますが浸出液がしたたり落ちるくらいしっかり出てくる方もいらっしゃいます。その場合は、クリニックにお越しいただき浸出液を止める処置をさせていただいております。

お化粧などはテープの上から行ってください。24時間テープは張りっぱなしにしていただき、お顔を洗う時やお風呂に入ってる時などに、自然にはがれた時だけ軟膏を塗ってテープを張りなおしてください。 無理にテープを剥がそうとすると、表皮化されてきていた薄い皮膚も一緒にはがれてしまいますので無理にはがされないようにご注意ください。

基本的に新しい皮膚が形成されてきても、1か月程度はテープを張りっぱなしになさることをお勧めいたします。それは、新しい 皮膚はできたばかりの時は薄くテラテラした素材でまだ日焼けに対する耐性がありません。

その時に保護用テープを剥がしてしまうと日焼けをしてしまい、色素沈着によるシミの原因となってしまうのです。その為、皮膚 が形成されてきたとしても念のため1か月近くはテープをお貼りください。テープを剥がした後も、しっかり日焼け止めクリームを塗られることをお勧めいたします。

 

ほくろ除去後の傷跡の回復経過

ほくろを取り終わった跡は、皮膚がなく、えぐれたような陥没した状態になっています。 これは、ほくろの元となっているメラニン組織が皮膚の中まで深く入っているため、そのほくろ組織(メラニン)を削って取らなければほくろを取れないためです。

この、ほくろを取った後の傷跡は、浅いものであれば1週間程度で表皮化し、皮膚のへこみもなくなり、外見的にも全く傷がわからないところまで回復くしてきます。

一方で、皮膚深くまでほくろの組織があった方は、表皮化するまで1か月近くかかる方もいらっしゃいます。 また表皮化が終わったとしても、へこみが改善せず最終的にニキビ跡のような傷跡で収まる方もいらっしゃいます。

 

ほくろ除去後のアフターフォロー

ほくろ除去について、しっかりほくろがとり切れたことを確認してからお帰り頂きますが、ホクロが再発した場合は再度レーザーにて除去いたします。しかし、何度も再発する場合には切除手術をご案内しております。

ほくろ除去後10日目前後に送付されてくる病理検査結果を確認し、悪性の腫瘍の場合は大学病院への紹介状を作成し、精密検査をお受けいただくようご案内させていただいております。

ほくろを取った傷跡が盛り上がりケロイド状になった場合はケロイド予防ののお薬の処方ならびにケナコルト注射によるケロイドの軽減を行うことも可能です。

ほくろ除去後の最大の注意点は日焼けですが、色素沈着が1年たっても軽減しない場合は、トレチノイン療法による色素沈着軽減クリームを処方することも可能です。もともとアトピー性皮膚炎をお持ちの方など色素沈着ができやすい体質の方は、肌の美白成分配合の内服薬を処方し、色素沈着の予防を計ることも可能です。

☎0120-331-244へ電話して予約する ✒カウンセリングを申し込む

 

レーザーによるほくろ除去の症例写真

頭部にあるほくろ・いぼ除去

頭部
金額(保険治療) 9,434円 自己負担3割の保険証をお持ちの場合
リスク 赤み・化膿・ニキビ跡のような凹み
アフターケア 抗生剤の軟膏塗布後、
新しい皮膚ができるまで10日~1ヶ月ほどテープにて保護します
時間 約5分・局所麻酔後、すぐに除去可能です

背中にあるほくろ・いぼ除去

背中にあるほくろ
金額(保険治療) 8294円 自己負担3割の保険証をお持ちの場合
リスク 赤み・化膿・ニキビ跡のような凹み
アフターケア 抗生剤の軟膏塗布後、
新しい皮膚ができるまで10日~1ヶ月ほどテープにて保護します
時間 約5分・局所麻酔後、すぐに除去可能です

顔にあるほくろ・いぼ除去

顔にあるほくろ・いぼ除去
金額(保険治療) 9,434円 自己負担3割の保険証をお持ちの場合
リスク 赤み・化膿・ニキビ跡のような凹み
アフターケア 抗生剤の軟膏塗布後、
新しい皮膚ができるまで10日~1ヶ月ほどテープにて保護します
時間 約5分・局所麻酔後、すぐに除去可能です

レーザーによるほくろ除去・いぼ除去に関するご質問

Qレーザーで皮膚が陥没する事はありませんか?
元々小さいホクロであれば跡形もなく治る場合もありますが、大きければ大きいものほど凹む事は考えられます。 ですが、元のホクロの面積よりも小さい面積の凹みになるわけですし、黒い大きな盛り上がりが無くなる わけですから、凹んでもホクロのある状態よりは綺麗になるわけで、治療を行う価値は十分にございます。 また、ホクロやイボは盛り上がっているものは放置しておくとどんどん大きくなるものもある為、 大きくなってから処置をすると大きな窪みになりますが、小さいうちに行えば小さな窪みで済みますので、 取ってしまいたいホクロがあるならば早いうちに取った方が良いです。
Q何回の通院でホクロ・イボ・アザを取ることができますか?
1回限りです。 除去後、お鏡でしっかりホクロ・イボがなくなったことを確認してからお帰りいただいております。
Q膨らみのあるホクロも小さければレーザー除去が可能ですか?
膨らみのあるものは根が深いのでしょうか?
はい、膨らみのあるホクロの方が平坦なものよりも根が深い場合が多いです。 もちろん膨らんでいてもレーザーは可能です。ただ、部位によっては皮膚切除の方が綺麗になるケースも ありますので、お気軽にご相談ください。
Q患部へのメイクはすぐにできますか?
除去後、肌色のテープを患部にお貼り頂きます。 その上からメイクをしていただければ大丈夫です。
Q 一度に何個も除去する事はできますか?
ご希望であれば、一回の治療で何個でも除去が可能です。 ただ、多く行えば直後はそれだけ凹みが出来るので、最初は目立たない端の部分から治療を受けて頂いて、 問題なければ後日再度治療すると良いと思います。
Q 顔に大きなホクロが有り気になっています。大きなホクロはレーザーで取れますか?
だいたい8mm以上の大きなホクロは皮膚切除術が主流となります。 大きいホクロの場合は、レーザーでの治療は治療跡が目立ってしまうことがあります。 皮膚ごと切って、1本の線にする手術の方が、レーザーよりも術後の状態がきれいで目立ちません。 手術時間は15分程度です。傷跡は3ヶ月~半年位できれいに目立たなくなります。 1週間後の抜糸までは傷跡は濡らさないようにして頂きます。その後は日常生活に支障はありません。 手術の約7日後に抜糸となります。
Q術後の生活において、気を付けることはありますか?
当日から、お化粧・洗顔・入浴は問題ありません。 日焼けをすると、ホクロ除去部分がシミの原因になりますので予防対策が重要です。
Qホクロ除去後のケア方法について教えて下さい。
ホクロ・イボ・アザをレーザー除去した部分は一時的に表皮がない状態になります。 新しい表皮ができるまでの間、ばい菌が入らないよう、綿棒で軟膏を塗り、保護用の遮光(肌色)テープを 貼ることをおすすめしています。

 

☎0120-331-244へ電話して予約する ✒カウンセリングを申し込む

 

ほくろ・いぼ除去に関する記事一覧を見る

 

当院にて行っているおすすめのほくろの取り方~皮膚切除手術編~

手術によるほくろ除去・いぼ除去の概要

おおきなほくろやイボはレーザー除去した場合は面上に削っていくため、大きなものを除去すると色素沈着の原因となり ほくろはとれたけど、同じ面積でシミになる場合があります。そのため、大きなほくろは皮膚切除手術を行い1本の細い線にしした方が傷跡が目立ちません。傷跡はシワの1本になるようなイメージをお持ちください。

このほくろを保険にて切除手術することを皮膚皮下腫瘍摘出術といいます。 ほくろの切開縫合手術には、方錐形切開術と巾着状に縫う方法とあり、ほくろの形状によって使い分けてまいります。

治療の際には、除去するホクロの場所を確認後、局所麻酔を注射にて行います。その後、ほくろ除去を実施。 除去した後は、止血処理後 皮膚を寄せて縫い合わせます。

局所麻酔をしていますため、皮膚を触られている感覚は伝わってまいりますが、手術中に痛みを感じることはございません。 その後は、テーピングによる保護をして終了です。

全体で20分程度の治療となります。 終わった後はすぐにそのままご帰宅いただけます。

ご帰宅の際には 抗生剤と痛み止めをお渡しいたしますので服用ください。

10日目に抜糸を行います。 また病理検査の結果も10日目前後でクリニックへ届きますので同じタイミングにて結果 をお伝えすることができます。

 

こんな人におすすめ

  • 該当部分が
    大きく、
    面状に広がっている
  • しこり(腫瘍)を
    除去したい方
  • 何cmもある
    大きな方
  • レーザー除去後
    何度も再発する

施術概要

レーザーでの除去は面で焼いて取るため、何cmもある大きなホクロ・アザの場合 切って縫い合わせ、1本の線にした方が目立たず綺麗に見える場合もあります。

また、レーザーは表面上に出ているホクロ・イボを削って除去することはできますが、 皮膚の中にある腫瘍・しこりは除去できません。

比較的小さなホクロ・イボはレーザー除去がお勧めですが、成長性のあるものや ジュクジュクしたものは切除されることをお勧めします。除去した、ホクロ・イボ・腫瘍は病理検査にだすことができます。

施術時間 1箇所 約15分程度
治療直後 患部は濡らせないので入浴には気をつける
スポーツ 切除の大きさにもよるが、基本的には問題ない
アフターケア 7日目にて抜糸

費用保険と自費の金額

 

自費治療1個 20分 定価211680円 モニター価格105840円
皮膚腫瘍 20分 約15,000円〜約20,000円 自費負担3割の保険証をお持ちの場合

※目安金額となります。治療箇所/範囲によって変動致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

来院から手術による、ほくろ除去治療完了までの全体の流れ

診断・カウンセリング、治療前のご説明、治療、アフターケア・治療後の通院

診断・カウンセリング

ドクターにて治療希望の箇所の場所と数を確認いたします。
レーザー除去か手術が必要か判断いたします。

施術前のご説明

治療のお値段総額を事前にお伝えいたします。
ホクロ除去に関する詳しい説明資料をお読みいただき、イメージを明確にしていきます。

施術

注射による局所麻酔後、そのまま除去を行います。除去したホクロは病理検査へ提出します。

アフターケアと治療後の通院

10日目抜糸を行います お傷の状態を確認します。保険適用の方は病理検査の結果をお伝えしております。

 

レーザーによるほくろ除去治療の詳しい流れ

step1

除去までの流れ除去までの流れ

取りたいほくろを確認後、局所麻酔をします。
32Gという大変細い針を使用していますが、チクっとしたいたみがございます。 麻酔が効けば、痛みは全くわかりません。
触られる感覚のみが伝わってきます。

 

step2

除去までの流れ除去までの流れ

デザインをして、皮膚切除する範囲を決めた後、メスにより切開し皮膚を切除します。
止血後縫合。小さなものですと約20分程度で終わります。

 

step3

除去までの流れ除去までの流れ

縫合後は、医療用の絆創膏をお貼りいただいてお帰り頂きます。 抗生剤と痛み止めを処方いたします。
7日目~10日目に抜糸を行いますが、それまでは患部を濡らさないようにご注意下さい。 止血後縫合。小さなものですと約20分程度で終わります。

step4

除去までの流れ除去までの流れ

保険適用にて除去したほくろは、病理検査センターへ送付。 悪性か良性か確認をいたします。
結果は10日ほどでクリニックに送られてきますので、その後患者様へお伝えをしております。

step5

除去までの流れ除去までの流れ

縫合後のテーピングの写真です。この状態でお帰り頂きます。

 

手術による、ほくろ除去後のケアについて

ほくろ除去治療が終わった後の生活の注意点

ホクロ除去後、約7日~10日後に抜糸を行うまでの間は濡らすことができません。 除去した場所によっては入浴をお控え頂き、患部をさけたシャワー浴をお願いいたします。 抜糸が終われば、濡らしても大丈夫です。普通にお風呂へご入浴いただけます。

また、手術部位に負荷がかかる動作は傷口が開く可能性がありますので2週間ほどはお控え頂いております。 抜糸が終わった後は、傷に対して直角にテープを張ってお帰り頂きます。

これは皮膚に負荷がかかった時に傷口が開かないように抑える働きと、傷が太く広がらないようにするための大切なテーピングです。 このテーピングをしっかり続けていただくと、傷口が細く薄い状態で落ち着いてまいります。 個人差はございますが1か月ほどは張り続けていただくことをお勧めしております。

 

ほくろ除去後の傷跡の回復経過

抜糸後は、細い赤い線となります。その後徐々に半年ほどかけて白い傷へと落ち着いてまいります。 手術直後は傷口が乾燥しやすくかゆみを生じやすいため保湿クリームなどをまめに塗られるようにおすすめいたします。

 

ほくろ除去後のアフターフォロー

ほくろ除去後10日目前後に送付されてくる病理検査結果を確認し、悪性の腫瘍の場合は大学病院への紹介状を作成し、精密検査をお受けいただくようご案内させていただいております。

ほくろを取った傷跡が盛り上がりケロイド状になった場合はケロイド予防ののお薬の処方ならびにケナコルト注射によるケロイドの軽減を行うことも可能です。

ほくろ除去後の最大の注意点は日焼けですが、色素沈着が1年たっても軽減しない場合は、トレチノイン療法による色素沈着軽減クリームを処方することも可能です。もともとアトピー性皮膚炎をお持ちの方など色素沈着ができやすい体質の方は、肌の美白成分配合の内服薬を処方し、色素沈着の予防を計ることも可能です。

☎0120-331-244へ電話して予約する ✒カウンセリングを申し込む

 

手術によるほくろ除去の症例写真

面状に大きくなったほくろ

面状に大きくなったほくろ(ホクロ)
金額(保険治療) 約 18000円 自己負担3割の保険証をお持ちの場合
リスク 縫合跡・赤み・化膿
アフターケア 抗生剤の軟膏塗布後、保護用のテーピングを行います。
当日は抗生剤と痛み止めを3日分お持ち帰り頂きます。
約10目に抜糸をして治療は終了です。
新しい皮膚ができるまで10日~1ヶ月ほどテープにて保護します。
時間 約25分 局所麻酔後、切開して皮膚切除後 縫合します。

皮膚の下にある大きな腫瘍

皮膚の下にある腫瘍
金額(保険治療) 約 18000円 自己負担3割の保険証をお持ちの場合
リスク 縫合跡・赤み・化膿
アフターケア 抗生剤の軟膏塗布後、保護用のテーピングを行います。
当日は抗生剤と痛み止めを3日分お持ち帰り頂きます。
約10目に抜糸をして治療は終了です。
新しい皮膚ができるまで10日~1ヶ月ほどテープにて保護します。
時間 約25分 局所麻酔後、切開して皮膚切除後 縫合します。

ほくろ除去に関するよくある質問

Q皮膚切除術の場合、レーザーとは違って再発は本当にないのでしょうか?
確実にホクロを切除してしまえば再発はありません。
Q傷跡は残らないですか?
多少残りますが、おおよそ1年位で髪の毛より細い1本の白い線のようになります。部位によっては手術から3ヶ月前後、テーピングをする事でより目立ち難くなります。
Qプール・温泉にはいつごろから行けますか?
除去したホクロ部分の傷が安定するまではおすすめいたしません。次回の診察時にご確認ください。
Q飲酒・喫煙はしてもいいですか?
喫煙は血中のビタミンを破壊し、傷の治りが悪くなります。飲酒すると不正出血の原因となりますので状態がよくなるまではお勧めいたしません。
Qお風呂には入って大丈夫ですか?
抜糸が終わるまでは、患部を濡らさないようにしていただければ大丈夫です。
Q遮光テープはいつ貼り替えればいいですか?
洗顔時など、剥がれたら貼り替えてください。

0120-331-244

受付時間:10:00~19:00(完全予約制)

ページトップへ