わきが保険治療

【比較】わきが治療における「保険適用手術」と「自由診療」の違い

症状があっても自分では気付きにくい、それがわきがです。わきがの原因はさまざまで、症状も軽度から重度までの段階があります。

しかし、重度のわきがだとしても、諦めたり、治らないと絶望したりする必要はありません。

適切な治療を受けることで、重度のわきがも改善に導くことが可能だからです。

こちらの記事では、わきがの原因や改善に効果的とされる治療方法、保険適用で治療を受けられるのかなどについて詳しくご紹介しています。

わきがまたはその疑いがある方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

わきがの可能性がある人

「もしかしたらわきがかも」という心当たりのある方は、まず以下の点をチェックしてみてください。

家族に臭いと指摘されたことがある人

わきがになると、その臭いで嗅覚が麻痺する「嗅覚疲労」が起こることがあります。このため、この状態になってしまうと、自分ではわきがの臭いに気付くことができなくなります

ご家族や親しい人に臭いを指摘されたことがある方は、自覚症状がなくても、わきがの可能性が高いでしょう。

両親のいずれか、または両方がわきが体質の人

両親がわきが体質の場合では、ご自身もそれを受け継いでいる可能性があります。

わきがの主な原因は遺伝です。ご家族やご親戚の方の体質を確認してみましょう。

耳垢がドロッとした感じで薄茶色の人

わきがの臭いの原因はアポクリン腺から分泌されてくる成分と、それを餌として繁殖するコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌です。

アポクリン腺は脇や耳、陰部に分布する汗腺であり、耳垢がドロッとしていて薄茶色の方の場合では耳のアポクリン腺の数が多いです。

この症状のある方は、わきが体質の可能性が考えられます。

色が薄いTシャツや下着を着用すると、脇部分が黄ばむ人

アポクリン腺から分泌されてきた汗やアンモニア、脂質、糖質、タンパク質などが菌によって分解されると黄色っほいシミとなって衣類に残ります。

つまり、衣類の脇にシミができやすい人は、わきがの可能性が高いということです。

これらに該当する方は、残念ながらわきがの可能性が否めません。

わきがだと、汗をかいたときに「臭うのでは?」と気が気でなくなりますし、他人にも気を使わなければならず、本当にストレスが溜まりますよね。

しかし、そのようなお悩みは、当院で治療をお受けいただくことによって解消できるのです。

わきがの原因とは

わきがの原因として筆頭に挙げられるのは、遺伝的な要因です。

上記でも少し触れていますが、両親がわきがの場合では、その子供も遺伝子を受け継ぎ、わきがになる可能性があります。

また、食生活やストレス、喫煙や飲酒が災いしてわきがになることもあります。

いずれの場合でも、軽度であればデオドラント製品などでの対応が可能ですが、重度になってしまった場合では、専門的な治療をしない限り改善は難しいでしょう。

わきが治療は保険適用治療と自由治療の二つがある?

わきが治療には、保険適用治療と自由治療があります。これらの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

保険適用治療である手術

メスで皮膚を切開し、アポクリン腺を切除する方法です。

この治療方法では、わきがの直接原因となるアポクリン腺を取り除くため、手術後にはアポクリン線から分泌されとくるはずの成分が素分泌されなくなり、コリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌が繁殖しません。

したがって、わきが特有の嫌な臭いに悩まされることがなくなるということです。

また、手術というと「大きな傷が残るのでは?」と心配になるかもしれませんが、この方法では皮膚を数㎝切開するだけですので、手術後に大きな傷跡が残る心配はありません。

この方法は医師が目視でアポクリン線を確認しながら切除しますので、アポクリン線除去の確実性が高く、根本からわきがを改善できるというメリットがあります。

根本的にわきがを治したいのなら、この方法での治療を前向きに検討してみると良いでしょう。

池袋サンシャイン美容外科の保険適用治療施術

当院では、直視下反転腺除法という手法を使って手術で、アポクリン腺を取り除いています。

上記でもご紹介したとおり、この方法による治療をお受けいただくとわきがの根本原因であるアポクリン腺がなくなりますので、完治に近い形でわきがを改善することが可能です

また、この治療では毛根も同時に取り除くため、脱毛効果も期待できます。手術後には汗の量が減るという思わぬ効果も得ることができるのです。(ただし、手術はあくまでもわきが改善を目的として行うものであり、脱毛が主たる目的ではございませんので、この点についてはあらかじめご承知おきください。)

手術をお受けいただいた直後には包帯による圧迫固定を行い、ご希望があれば3日前後で外すことも可能です。

抜糸は手術の7日後を目安として行い、この段階では脇のひきつれなどを感じる場合がございますが、そのような感覚は間もなく引いて、傷口も徐々に目立たなくなります。

入院の必要はなく日帰り手術が可能ですので、手術をご希望の方は、どうぞお気軽にカウンセリングにお越しください。

自由診療である注射

自由診療とは、すべて自費で治療を受ける方法で、保険は適用されません。わきが改善に適した治療にはボトックス注射があります。

ボトックス注射とは

ボツリヌストキシンという筋弛緩作用成分を、注射針でアポクリン線付近に注入する方法です。この治療を受けるとアポクリン線の働きがストップして、汗やその他の成分の分泌もストップします。

しかし、その効果は数カ月しか持続しないため、とりあえずの一時しのぎの対策です。根本的なわきが改善にはつながりません。

さらに、費用が高額ですので、わきがをしっかりと治したいのなら、保険適用の手術をお受けいただくのがベストな方法です。

また、稀に重度の方の場合では、ボトックス注射では対応しきれない場合もあります。

池袋サンシャイン美容外科のボトックス注射

当院では、ボトックス注射の取り扱いもございます。近年では、お手軽という理由からこの治療方法を選ぶ方や、汗をかきやすい夏場だけこの治療を希望される方も多くいらっしゃいます。

当院としても、軽度のわきがと医師が判断した場合では、この治療をおすすめすることがあります。

しかしながら、この治療は自由診療であるため治療費用がやや高額、そして、根本治療につながらないというデメリットがあります。この点につきましては患者さまにご納得いただいておく必要がございます。

当院では、保険適用治療と自由診療治療の両方をご提供

当院では、手術による治療法と、ボトックス注射による治療法の2つをご提供しています。

前者は、医療行為ですので、保険適用治療となりますが、後者は、美容治療になりますので、自由診療、すなわち保険適用外の治療です。

わきがでお困りでも、具体的に自分はどういった施術をするのが良いのかお困りの方は多いと思います。

当院では、ご予約いただければ、いつでもカウンセリングにきていただくことが可能です。

まずは、お気軽にカウンセリングにお越しください。経験豊富な当院の医師が、状況を丁寧にヒアリングし、どういった施術が患者様に合うのかをご提案いたします。

お問い合わせお待ちしております。

banner

0120-331-244

受付時間:10:00~19:00(完全予約制)

ページトップへ