刺青・タトゥー除去 部位別

刺青除去治療のメリット・デメリットまとめ|自分のタトゥーに合った失敗しない施術

若い頃にファッション感覚で刺青を入れたものの、就職や結婚など人生の転換期を迎えて、刺青を除去したいと思う人は多いものです

刺青の除去というと「痛そう」というイメージを持つ人も多いかもしれません。

また、痛い思いをして施術を受けたのに、刺青を消しきれなかったらどうしようと不安を抱える人もいます。

そんな方のために、ここでは刺青除去治療の種類や、それぞれの治療のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

刺青除去治療の種類

レーザー治療

患部にレーザーを照射し、刺青を除去する方法です。

皮膚を切り取るわけではないので、施術から回復までの時間も短くて済み、手軽に行えると人気の方法です。

切除術

患部を手術で切除し、切除した箇所を縫い縮める方法です。

比較的小さな刺青や、急いで除去をしたい場合に選択されるケースが多いようです。

植皮術

患部を手術で切除した後、自身の他の部位から採取した皮膚を移植する方法です。

削皮術

患部の皮膚を薄く削り、刺青を除去する方法です。

削った直後の患部はかすり傷のようになりますが、そこにマクロファージ(貪食細胞)が集まり、皮膚内に残った墨が分解・排泄されることで、刺青が消える(薄くなる)効果が期待できます。

レーザー治療のメリット・デメリット

メリット

レーザー治療では手術で皮膚を手術する必要がないため、傷跡を残さずに刺青を消すことができます

また、範囲の広い刺青にも対応可能で、他の方法に比べて痛みが少ない点もメリットと言えます。

レーザーは主に黒や紺などの色味に反応するため、そうした色味の刺青を入れている人に向いています。薄いものであれば、1回の治療でかなり目立たなくなるケースもあります。

さらに、皮膚にメスをいれるような手術と比較すると、非常に安いことも特徴です。

デメリット

さまざまな色を使用したカラフルな刺青の場合、レーザー治療では完全に消しきれない場合があります。

また、メリットの項目で「薄いものであれば1回の治療でかなり目立たなくなる」と述べましたが、そうでない刺青の場合は、2~3カ月おきの照射を5~10回程度繰り返す必要があり、治療に1年以上かかるケースも珍しくありません

効果が上がるまでに時間がかかるという点も、デメリットの1つと言えるでしょう。

このような方におすすめ

✓ 傷跡を残さずに刺青を消したい方

✓ 手術の痛みに怖さがある方

✓ 少しでも安く刺青を除去したい方

 

切除術のメリット・デメリット

メリット

切除術では、患部の皮膚を手術で切り取り、縫い合わせることで刺青を除去します。患部を切り取ってしまうので、スピーディーに、そして確実に刺青を消すことができます

刺青の範囲が大きく、1回の治療では取り切れない場合は、複数回に分けて分割切除を行うこともできます。

すぐに刺青を消したい人や、完全に除去したい人にとって、メリットの大きい方法と言えます。

また、レーザーでは消しきれないカラフルな刺青も、切除術ではしっかり除去することができるので、そうした刺青を入れている人にもおすすめです。

デメリット

皮膚を切り取る治療法のため、どうしても傷跡が残ってしまうのがデメリットです。傷跡を絶対に残したくないという人には不向きな方法と言えるでしょう。

また、刺青を入れている範囲が広範囲な場合は、肉体への負担を考慮して施術できない場合もあります。

さらに、治療の1~2週間後に抜歯が必要など、回復までに時間を要する点もデメリットです。

このような方におすすめ

✓ 今すぐに刺青除去したい方

✓ 一回の手術で確実に刺青除去したい方

✓ 刺青の範囲があまり大きすぎない方

 

植皮術のメリット・デメリット

メリット

植皮術は、刺青が入っている箇所の皮膚を外科的に除去したうえで、自身の他の部位から健康な皮膚を切り取り、移植する方法です。

この方法のメリットは、カラフルな刺青や範囲の広い刺青にも対応できるという点です。

また、1回の治療で刺青をしっかり除去することができるのもメリットと言えます。

なお、移植する皮膚は、患部に近い場所から採取した方が、周囲の肌と馴染みやすいとされています。

デメリット

切除術と同様に、外科的な処置を必要とする治療のため、皮膚を除去した箇所と、移植のための皮膚を採取した箇所の両方に傷跡が残ってしまうのがデメリットです。

また、移植元や移植先の傷が回復するまでにも時間がかかるため、すぐに治療を終えたいという人には不向きです。

傷の経過にもよりますが、基本的には傷が治るまで、1週間に1回程度の通院が必要となります。

このような方におすすめ

✓ 今すぐに、広範囲の刺青を除去したい方

✓ カラフルで広範囲な刺青で、レーザー治療ができない方

 

削皮術のメリット・デメリット

メリット

削皮術では、専用の器具を使って、刺青が入っている皮膚の表面を削っていきます。

刺青の色素があまり深くまで入っていなければ、1回の治療で除去することも可能です。

色素を皮膚の奥まで入れていないライトな刺青の人や、刺青の範囲が小さい人におすすめの方法と言えます。

デメリット

皮膚の表面を削って刺青を除去するため、除去した後にやけどのような跡が残ってしまいます。そのため、できるだけ跡を残さずに刺青を消したいという人には、あまりおすすめできない方法です。

また、色素が深くまで入り込んでいる場合、皮膚も深くまで削らなければならなくなるため、傷の回復に時間がかかってしまいます。

経過が悪い場合や、きれいに消しきれない場合は、皮膚移植が必要となるケースもあります。

このような方におすすめ

✓ 色素を皮膚の奥まで入れていないライトな刺青の方

✓ 刺青の範囲が小さい方

刺青除去治療法のまとめ

施術 確実性 費用
(1cm×1cmあたり)
除去までの期間 治療可能な刺青
レーザー治療 × 約10,000円~ 約1年 主に黒、紺などの刺青
切除術 約15,000円~ 1回
(1~2週間後に抜糸が必要)
カラフルな刺青も除去可能
植皮術 約60,000円~ 1回
(ただし傷が治癒するまで1週間に1回程度の通院が必要)
カラフルな刺青や広範囲な刺青も除去可能
削皮術 約30,000円~ 1回
(ただし傷が治癒するまで1週間に1回程度の通院が必要)
範囲が小さく、浅い刺青

 

確実性では切除術>植皮術=削皮術>レーザー治療の順になります。

費用はレーザー治療が最も安く、次いで切除術、削皮術となり、植皮術が最も高価です。

しかし、除去までの期間を見てみると、切除術、植皮術、削皮術が基本的に1回の施術で取り切れるのに対して、レーザー治療は約1年間もの期間が必要です。

レーザー治療ですと、最悪の場合、1年間、中途半端な色合いになってしまった刺青がご自身の身体に残ることになります。

これら4つの要素を踏まえると、刺青除去の確実性もあり、今すぐに刺青を消すことができる「切除術」が、費用対効果が高いと言えるでしょう。

刺青除去なら池袋サンシャイン美容外科

池袋サンシャイン美容外科では、切除法での刺青除去を行っています。小さな刺青であれば、1回約30分の施術で刺青を除去することが可能です。

黒や紺の刺青であれば、費用が安く傷跡が残りにくいレーザー治療を第一選択にしたいという人も多いですが、残念ながらレーザーだけでは消え切らないケースも少なくありません。

そのため、池袋サンシャイン美容外科では、レーザー治療ではなく、より確実性の高い切除法を採用しています。

手術は局所麻酔で行われ、入院の必要はなく、通院での処置が可能です。手術を行ってから3日目に経過を検診し、問題が無ければ10日目に抜糸を行います。

入浴は手術当日から可能ですが、術後のトラブルを防ぐためにも、患部は抜糸を行うまでは濡らさないようにしましょう。

術後の傷が残ってしまった場合も、ケナコルト注射やレーザー照射、トレチノインクリームやハイドロキノンクリームの塗布などを行うことで、状態の改善が期待できます。

確かな実績を持つ池袋サンシャイン美容外科であれば、後悔のない刺青除去治療を受けることが可能です。

banner

0120-331-244

受付時間:10:00~19:00(完全予約制)

ページトップへ